システム要件

メモリ 1GB
  • 不正プログラム対策+侵入防御使用時: 2GB を推奨
  • 全機能が有効の場合は 5GB を推奨
ディスク容量 500MB
(不正プログラム対策保護が有効な場合は 1GB を推奨)
Relay が有効な場合は 8GB を推奨
OS

インストールしていただく Agent のバージョン、インストール先 OS の種類によって、ご利用いただける Deep Security の機能が異なります。
詳細はこちらをご確認ください。

Windows:
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2016 (64bit)

※エディションが指定されていない Windows 製品(Windows Storage Server など)は、エディションに関係なくご利用いただけます。ただし、特定のエディション固有の問題が見つかった場合、問題の内容によっては制限対象となる場合がございます。

※システム要件に記載されていない Service Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちら をご確認ください。

※ Relay 機能は上記 OS のうち、64bit OS で動作可能です。

Linux:
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (32/64 bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (32/64 bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (64 bit)
  • CentOS 5 (32/64 bit)
  • CentOS 6 (32/64 bit)
  • CentOS 7 (64 bit)
  • SUSE 11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)
  • SUSE 12 (64bit)
  • Ubuntu Linux 14.04 (64bit)
  • Ubuntu Linux 16.04 (64 bit)
  • Oracle Linux 5 RedHat/Unbreakable Kernel (32/64 bit)
  • Oracle Linux 6 RedHat/Unbreakable Kernel (32/64 bit)
  • Oracle Linux 7 RedHat/Unbreakable Kernel (64 bit)
  • CloudLinux 6 (32/64bit)
  • CloudLinux 7 (64bit)
  • Debian 7 (64bit)
  • Debian 8 (64bit)
  • Debian 9 (64bit)

※ Relay 機能は上記 OS の 64bit OS で動作可能です。

※ Linux 版 Agent では、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。
 サポートするカーネルバージョンについては、以下製品 Q&A をご参照ください。
 http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

※ Oracle Linuxのうち、Oracle Database Applianceの組み込みOSはサポート対象外となります。

Solaris:
  • Solaris 10 Update 11 64bit (x86 および Sparc)
  • Solaris 11/11.2/11.3 64bit (x86 および Sparc)

※本バージョンでの AIX, HP-UX OS 対応 Deep Security Agent モジュールのアップデートはございません。最新のバージョン 9.0 モジュールをご利用ください。なお、それ以外のOSに対応した Deep Security Agent モジュールにつきましては、バージョン 9.5 以上のみがご利用いただけます。

Amazon AWS:
動作検証済みのプラットフォームは以下のとおりです。Amazon AWS 上では以下の OS のご利用を推奨しますが、記載のない OS につきましても、Deep Security Agent のサポート対象 OS であればサポート対象となります。

  • Amazon AMI Linux EC2 (64-bit)
  • Amazon Linux 2 AMI (64-bit)(※1)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 EC2 (32-bit and 64-bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 EC2 (64-bit)
  • Debian 7 (64-bit)
  • SUSE Enterprise Linux 11 EC2 (32-bit and 64-bit)
  • SUSE Enterprise Linux 12 (64-bit)
  • Ubuntu 14.04 LTS (64-bit)
  • Ubuntu 16.04 LTS (64-bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64-bit)
  • Windows Server 2016 (64-bit)

※1 Deep Security10.0 の Update8 以降にて対応。

Microsoft Azure:
動作検証済みのプラットフォームは以下のとおりです。
Microsoft Azure 上では以下の OSのご利用を推奨しますが、記載のない OS につきましても、Deep Security Agent のサポート対象 OS であればサポート対象となります。

  • Windows Server 2008 R2 (64-bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64-bit)
  • Windows Server 2016 (64-bit)
  • Windows 10 (32-bit and 64-bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (64-bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (64-bit)
  • CentOS 6 (64-bit)
  • CentOS 7 (64-bit)
  • Oracle Linux 6 (64-bit)
  • Oracle Linux 7 (64-bit)
  • SUSE Enterprise Linux 11 (64-bit)
  • SUSE Enterprise Linux 12 (64-bit)
  • Ubuntu 14.04 LTS (64-bit)
  • Ubuntu 16.04 LTS (64-bit)

※Amazon Web Services および Microsoft Azure 以外のクラウド環境上の OS への導入については、こちらをご確認ください。

注意事項:

• CentOS 上で Deep Security Agent を利用する場合、Red Hat 用のインストールパッケージを使用してください。

• Windows Hyper-V 向けのエージェントレス型ソリューションはありません。Hyper-V ハイパーバイザにインストールされている Agent はハイパーバイザのみを保護します。
 Hyper-V 上で起動しているゲストイメージを保護するには、Agent を各 Hyper-V ゲストにインストールする必要があります。

• サポート対象 OS であっても以下の環境はサポート対象外となります。
 - Windows Server 2008/2012 (Server Core)
 - Microsoft Virtual Server 2005 R2 SP1

• Deep Security ではマルチバイト文字コードを UTF-8 のみサポートしております。
 Linux / UNIX 環境では OS のロケールを UTF-8(ja_JP.UTF-8 等)に設定する必要が あります。
 詳細は以下の製品Q&A をご参照ください。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098225.aspx

• VMware ESXi など仮想環境上の OS への導入については、こちらをご確認ください。

• システム要件に記載されているOSの種類などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により予告なく変更される場合があります。最新の情報についてはお問合せください。

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

050-3000-1523

(平日9:00~17:30受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ 資料請求

ServerSecurityあんしんプラス

脆弱性・不正アクセス・改ざん
対策をオールインワンで実現

 製品カテゴリー

ページの先頭へ